ブログ

~塗装にお勧めの季節~

外壁・屋根の塗装工事では、室内の工事とは異なり、天候の影響は避けられません。

そのため、せっかくなら、塗装と相性のよい季節に工事をしたいと考えますよね。

では、塗装にベストシーズンはあるのでしょうか?塗装と季節の関係についてお話しします。

 

塗料が乾かない時期はNG

塗膜を強くし、本来の機能を発揮するには、施工時に十分に乾燥させることがとても大事です。

塗料の中の溶剤や水分が乾燥することにより塗膜がしっかりと固まり、強くなるためです。

工事中に塗料の中に水分が入ってしまうようなこともあってはなりません。

そのため、ほとんどの塗料メーカーが「湿度85%以上、気温5℃以下」を塗装ができない

気候条件としています。湿度85%以上、気温5℃以下というのは、湿度が高い雨の日や寒い日です。

梅雨時期や冬場は塗装工事には適しておらず、乾燥して天候が良い日が続きやすい春や秋が

ベストシーズンといえます。ただし、春や秋ならいつでも天候に恵まれるわけではありませんし、

夏と冬は工事ができないわけではありません。

 

それぞれの季節には次のようなメリット・デメリットがあります。

 

 春と秋のメリット・デメリット

・天候が安定している時期なので塗膜が乾燥しやすく、工期通りに進みやすい。

・工事で家の窓が開けられなくても、比較的過ごしやすい。

・春の暴風、秋の台風、大きな気温差などの気候変化はしばしば起きる。

・塗装の人気シーズンなので、工事の予約が取りにくい、費用が他の季節に比べて高いことがある。

 

 梅雨時期のメリット・デメリット

・工期通りに工事が進みにくく、工事期間が長くなってしまうことがある。

・塗装に向かない時期と思われているため、業者によっては、割引やサービスなどの

キャンペーンを行う。

・足場の組み立て、養生作業、高圧洗浄など雨が降っていても進められる作業はある。

 

 夏のメリット・デメリット

・日照時間が長いため、塗膜が乾燥しやすい。

・工事で窓を開けられない、一時的に室外機を外すためにエアコンがつかえない日は

室内で過ごしづらい。一方、昼間、家族が家の外で過ごす場合、工事に適した時期といえる。

・急な夕立で工事が中断することがある。

・炎天下の作業を避けるために、朝早くや夕方に工事をすることがある。

 

 冬のメリット・デメリット

・特に寒い時期、雪の多い地域での工事はできない。

・室外機を外すために日中エアコンが使えない日がある。

・空気は乾燥していて雨は少ないため、地域によっては工事がしやすいといえる。

季節選びより大切にすべき業者選び

塗膜をより良い状態に仕上げるのに必要なのは気温や湿度の条件だけではありません。

溶剤塗料や水性塗料といった塗料の種類、建物の周囲の風通し、日かげ・日なたなどのあらゆることが

関係します。そのため、知識があって、施工管理をしっかりとする業者かどうかは工事の出来栄えを

左右するといえます。きちんとした業者であれば、どの季節であろうと常に天候をチェックしながら

工事を進めるという塗装工事の基本を必ず守ります。

天気予報やその時々の天候に柔軟に対応し、より良い施工を目指すはずです。

一方、質よりも工期を優先し、施工のルールを無視する業者はゼロではありません。

 

塗装は、10数年に一度、決して安くはない費用をかけておこなうのですから、実績が多く、

信頼できそうな業者を選んでください。そして、信頼できそうな業者が見つかったら、

一度早めに相談をすることをおすすめします。塗装の希望や予算、ライフスタイルを伝えると、

あなたにとってのベストシーズンに質の高い塗装ができるはずです!

この記事を書いた人

前野 健
海外旅行が趣味な前野です!稲城市と府中市を拠点にご対応しております!塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)