外壁塗装・屋根工事・防水工事なら稲城市、府中市の(株)SHINSEI 

外壁塗装・屋根工事・防水工事なら稲城市、府中市の(株)SHINSEI 

ブログ

~屋根材の種類~

紫外線に雨や風……どんな天気であっても「屋根」は常にその影響を受けています。

そのため、建物と暮らしを守っていくために、メンテナンスや塗り替えを定期的に

考えてただきたい場所です。

 

効果的に行うには、屋根材ごとのポイントを押さえておくことが欠かせません。

そこで、主な屋根材の種類とメンテナンスのポイントをご紹介します。

 

■スレート/コロニアル

比較的安価で工期が短く、軽量であるため、広く普及している屋根材です。コロニアル、

カラーベストといわれることもあります。

スレートの欠点は、割れやすいことです。地震のあとに割れるのは珍しくないため、

小まめな点検、自然災害後の点検は重要です。

他の屋根材に比べて耐久性が低いため、劣化が進んだ場合、屋根の差し替え工事を

検討してください。

スレートの場合、塗装は美観を高めたり、イメージを変えたりしたいときにおすすめです。

 

■瓦

昔ながらの屋根材で、無機質な材料でつくられているので、半永久的につかうことができます。

とはいえ、石やモノが飛んでくるなどして

衝撃を受ければ、ひび割れが起き、そこから雨漏りが起きたりします。点検・メンテナンスを

定期的に行うことで耐久性を半永久的にできます。

 

点検は10年を目安にしましょう。瓦が大きく破損しない限り、葺き替えは不要。

塗装でメンテナンスできます。ま色褪せが気になるときや瓦の高級感を高めたいときにも

塗装はおすすめです。

 

 

■トタン/瓦棒

トタン板でできた屋根材です。瓦棒(かわらぼう)ともいわれます。他の屋根材に比べると、

材料そのものの耐久性は短いです。

特に錆に弱く、そこから一気に腐食が進むことがあります。点検は5年~10年ごとに。

10年に1度の塗装を繰り返し、錆をつくらないことが大切です。

トタン屋根は台風などの強風でめくれ上がることがあります。悪天候後や自然災害後にも点検し、

必要ならば早めのメンテナンスをしましょう。

 

 

■ガルバリウム鋼板

軽くて錆にくく、長寿命であるため、金属屋根の主流になっています。錆びにくいとはいえ、

強風で飛ばされてきた石やモノが当たり、傷がつき、そこから錆が発生することがあります。

高温多湿の環境では含まれる亜鉛が酸化し、錆のような白い斑点ができてしまうこともあります。

 

本来の長寿命を発揮するには、10年~15年での点検・塗装が必要です。ただ、表面がツルツル

しているため塗装はプロでも簡単ではありません。実績のある業者への依頼が塗装工事成功の

ポイントです。

 

■アスファルトシングル

ガラス繊維にアスファルトを浸透させ、表面に天然石などの石粒を吹き付けた屋根材です。

ガラス繊維もアスファルトもどちらも防水性に優れた素材なので、アスファルトシングルの

防水性は高いです。金属でないため錆びない、スレートより軽いなどの優れた点があります。

 

一方で、石粒が付いている分、表面に水が残りやすく、環境によっては藻が生えやすいと

いえます。表面の石粒は雨や風にさらされ続けているうちに、少しずつ取れてしまうので、

同時に性能は落ちていきます。また、カーペットにように柔らかいシート状なので、

強風でめくれることがあります。耐用年数は20年~30年といわれますが、点検は10年を目安に

することをおすすめします。石粒の剥がれから起きる問題は塗装でカバーできます。

 

 

点検は寿命を延ばすための第1歩です。「きっと大丈夫」と思わず、定期的に行ってください。

ただ、屋根の点検、メンテナンスをするには、高いところにのぼる必要があるので、

自分でやろうとするのは危険です!ぜひ信頼できる業者に依頼してくださいね。

この記事を書いた人

前野 健
海外旅行が趣味な前野です!稲城市と府中市を拠点にご対応しております!塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)