外壁塗装・屋根工事・防水工事なら稲城市、府中市の(株)SHINSEI 

外壁塗装・屋根工事・防水工事なら稲城市、府中市の(株)SHINSEI 

ブログ

補助金

家のメンテナンスをしようと思ったときに資金面で悩む方は少なくありません。
そんなときに活用できる自治体による補助金があるのをご存じでしょうか?
今回は、ぜひ役立てたい補助金制度についてお伝えします。

個人宅のメンテナンスが補助金の対象!?
家のメンテナンスには、いろんな目的があります。
例えば、壁を断熱化して省エネに配慮した家にする、廊下やお風呂場に手すりをつけたりしてバリアフリーにする、耐震化をして災害に強い家にするなどです。外壁塗装をはじめ、こうしたリフォーム工事に自治体は補助金を出してくれます。(※残念ながら該当する制度がない自治体もあります…)

工事費用は決して安くないため、少しでも抑えたいと思うものです。補助金で工事費用の一部をまかなえるというのは嬉しい限りでしょう。
そもそも、どうして個人宅のメンテナンスに自治体が補助金を出してくれるのでしょうか?
現在、住宅の性能は上がり、強度や寿命に優れた建物が増えています。しかしスクラップアンドビルドはなくならないし、空き家の問題も叫ばれています。資源の保護を進めたり、地域の環境を守っていくという視点から、今住んでいる家をリフォームしながら快適に長く住んだり、中古住宅市場を活性化させることが必要な時代になっています。そのために各自治体が個人宅のメンテナンスに補助金を出してくれるのです。
家のメンテナンスは、何かしらの住みづらさを感じるから行っていると思いますが、資源の保護や地域環境の保全につながる大切な行動でもあるのですね。

「補助金」に関する注意点
塗装工事に活用できる補助金制度をご説明する前に、補助金がどんなものなのか簡単にご説明します。

・受け取れる額には上限があるものの、返済する必要はありません。
・工事をしたら自動的に補助金の対象になるわけではありません。補助金をもらうには、申請し審査を受けなければなりません。ほとんどの自治体で申請は工事の前にする必要があります。
・工事の条件は自治体によって異なります。情報は自分の住む地域のものを確認します。
・塗装工事では、一般的な塗料ではなく、遮熱塗料や断熱塗料などによる工事のみ対象になる、申請に図面や写真の提出が必要なケースもあります。専門的な内容の場合、信頼できる業者に相談することをおすすめします。
・申請するには、税金を滞納していない、以前、同一の補助金制度を活用していないなどの条件を満たす必要もあります。
・申請から補助金交付の認定をもらうまでには2 ~3週間かかるのが一般的です。工事のタイミングが関わってくるので、申請時は信頼できる業者によく相談したり、手続きを代行してもらったりしましょう。
・通常、補助金の予算はあらかじめ決められていて、その予算に達すると受付終了となります。申請期間に注意しましょう。

当社の近隣エリアの補助金情報
稲城市
「稲城市商工会住宅改修等補助金事業」
市内の方が市内の業者により住宅リフォームをする場合、リフォーム工事額の10%(上限は15万円)が補助されます。
申請期間……令和2年4月1日(水)~令和2年12月28日(金)
補助金限度額に達した場合、申請は締め切られます。例年は夏前に限度になるようです!

東大和市
「住宅・店舗リフォーム資金補助金」
市民の方が市内の業者により住宅または店舗のリフォー ム工事をする場合、工事額の5%(上限10万円)が補助されます。
申請期間……令和2年4月1日から

補助金の情報は変更される場合があります。ご自身で該当のホームページなどで情報収集をしてくださいね。(掲載情報は2020年5月15日現在のものです)
SHINSEIでは補助金対象の工事を承ります。補助金を活用して、リフォームを成功させましょう!

この記事を書いた人

前野 健
海外旅行が趣味な前野です!稲城市と府中市を拠点にご対応しております!塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)