外壁や屋根の塗替えなら稲城市、府中市、東大和市の(株)SHINSEI

外壁や屋根の塗替えなら稲城市、府中市、東大和市の(株)SHINSEI

ブログ

***シーリング工事***

 

外壁塗装工事の中で、”シールの打ち換え工事”というのが入る場合があります。
これが一体何なのかということから始めたいと思います。

~シーリング工事とは~シーリング工事とは、サイディング外壁材のボードとボードの間にできる隙間に詰め物をして、
隙間から水や汚れなどが入るのを防ぐ工事です。

「シーリング」とは、英語で直訳すると「密閉する・蓋をする」という意味です。
一方「コーキング」(英訳:詰め物をする)という言葉もありますが、
両方ともほぼ同じ意味合いで使われています。
現場では人によってどちらを使うかいろいろですので、「ふたつともほぼ同じ意味」と覚えておきましょう。

~シーリングの劣化とは?どのような状態になったら工事すべきか~

最近の一般住宅の外壁材として最もよく使われているのは、窯業系サイディングです。
通常このタイプの外壁材では、家が建ってから約10年がリフォームする目安の時期と言われています
ここでひとつ注意しておかなければならないことが、それはシーリングの目地は、外壁材よりも傷みが早いということです。
建物の立地条件や建築時の施工状態にもよりますが、シーリングの目地の耐用年数は3年~5年。
劣化は、シーリングの剥がれ、ひび割れ、シワ、などの現象で確認できます。

外壁材同士の隙間を埋めるシーリングには、雨水などの侵入を防ぎ、外壁の揺れを和らげるという大切な役割があるので、
決して軽視してはいけません。
劣化が進むと、雨漏りが起きて建物内部が腐食するなど、家自体の寿命を縮める原因にもなってしまうので要注意です。

現実には平均的なリフォーム時期である、築後約10年内外に外壁の塗り直し工事をするのと合わせて
シーリング工事を実施することが多いようです。
ただし、シーリングの傷み具合が目立つようであれば、外壁リフォームにこだわらず、早めに補修をした方が良いと思います。

~「打ち換え」と「打ち増し」の違い~

シーリング工事には、

「打ち替え」…劣化した元のシーリングを全て撤去して、全く新しいシーリングを充填する施工法
「打ち増し」…劣化したシーリングの上から新しいシーリングを充填する施工法

の2種類があります。

通常、外壁塗装とシーリング工事は同時に行われることが多いと先に説明しましたが、
その場合では外壁材よりも劣化速度の早いシーリングは相当傷んでいることが多いので
古いシーリングは撤去して新しいシーリングを施す「打ち替え」工事の方が割合としては多くなります。
しかし、これはあくまでも一部ですが、中には打ち替えが必要なところを打ち増しで済ませて
見積もりを安く出そうとする悪質な業者もいるようです。
見積もりはなるべく複数の業者から取り、じっくり見比べることをお勧めします。

~シーリング材の種類~

工事で実際に使われる「シーリング材」にはどういうものがあるのか。

シーリングの充填として使われるのは、
シリコン系、変形シリコン系、ポリウレタン系などの樹脂です。
シリコン系と変性シリコン系のシーリングは、名称が似ておりその用途が今ひとつ分かりづらいので、
簡単にまとめてみました。

シリコン系シーリング材
普通のシリコン系シーリング材の最大のメリットは、比較的安価で入手がしやすいということです。
ホームセンターなどでも気軽に入手することが出来ます。
耐水性や耐熱性もあるので、浴室や台所やトイレなど水回りで使えます。欠点は汚れやすいこと。上から塗装をしにくいことです。

変形シリコン系シーリング材
変性シリコーン系シーリング材は、耐候性が高く耐久年数も高いので、屋根や外壁用として多く使用されています。
本来変性シリコンは塗装の種類によっては、塗料の色を変えてしまう(汚染する)ものですが、
現在ではノンブリードと呼ばれる塗料を汚染しない製品が普及。そのおかげで10年から15年という耐久度が可能になりました。

 

 

この記事を書いた人

前野 健
海外旅行が趣味な前野です!稲城市と府中市を拠点にご対応しております!塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)