外壁や屋根の塗替えなら稲城市、府中市、東大和市の(株)SHINSEI

外壁や屋根の塗替えなら稲城市、府中市、東大和市の(株)SHINSEI

ブログ

稲城市Y様邸外壁塗装工事/外壁下塗り

SHINSEIの前野です。

稲城市の現場では、先日が外壁下塗り作業をさせていただきました。

今回は一見平滑に見える壁ですが、左官の模様がついていて想定より凹凸があったために、通常よりしっかりとローラーを転がしております。

また壁の吸い込みが激しく、このまま塗装を行うと上塗り後ムラになってしまったり、十分に耐久性を発揮できない可能性がある

と職人と相談して判断させていただき、明日下塗りの2回目の塗布をさせていただく予定です。

下塗りの微弾性フィラーは、外壁の塗装面に一番最初に塗るもので、その後に塗る中・上塗りと塗装面の密着性を高める役割があります。

また壁が塗料(の水分)を吸い込んでしまう性質があるため、下塗り吸収させ、吸い込み止めの役割もあります。

吸い込みが止まらない状況で中塗りを進めてしまうと、どんなに良い塗料を使ってもその塗料の耐久性を十分に発揮できません。

今回は耐久性の高いフッ素塗料での施工になりますので、なおさら気合をいれて施工させていただきます!(^^)!

この記事を書いた人

前野 健
海外旅行が趣味な前野です!稲城市と府中市を拠点にご対応しております!塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)