外壁や屋根の塗替えなら稲城市、府中市、東大和市の(株)SHINSEI

外壁や屋根の塗替えなら稲城市、府中市、東大和市の(株)SHINSEI

ブログ

稲城市T様邸外壁・屋根塗装工事/屋根下塗り

SHINSEIの前野です。

稲城市の現場ではビニール養生後下地調整が終わり、屋根の下塗り作業を行っております。

屋根は遮熱塗料で塗装しますので、下塗りは弱溶剤2液型のシーラー(ホワイト)を使用しております。

メーカーさんの話によると、関東地域の方では屋根材には溶剤系の塗料を使用する場合が多いのですが、関西地区では屋根にも水性系の塗料を使用する場合が多いそうです。

いやー不思議です”(-“”-)”

スレートは塗料吸い込みがあるため、下塗りの回数は劣化具合で異なる場合があります。

今回は問題ないようですが、劣化が著しいと吸い込みがひどく塗りムラができてしまったりします。

塗料メーカーの塗装仕様にも下塗りは1~2回塗りとなっています。

築年数や方角である程度予測できますが、実際どれだけ劣化しているか・
どの程度下塗り塗料が吸い込まれるかは、洗浄後に塗装してみないと分かりません。

遮熱塗料を使用しておりますが、すでに下塗りを終えた状態でもかなり遮熱性を発揮しております!

むしろ下塗りは真っ白なので一番遮熱性能は高いかも!?

 

この記事を書いた人

前野 健
海外旅行が趣味な前野です!稲城市と府中市を拠点にご対応しております!塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)