外壁や屋根の塗替えなら稲城市、府中市、東大和市の(株)SHINSEI

外壁や屋根の塗替えなら稲城市、府中市、東大和市の(株)SHINSEI

ブログ

調布市G.Sマンション外壁塗装工事/吹付塗装作業

SHINSEIの前野です。

調布市G.Sマンションでは下地から空いてしまった穴の補修を行い、下地調整後、外壁の肌合わせのため吹付塗装作業を行いました。

穴は漏水が原因で下地の木まで腐食してしまっていたので、改めて下地を作りモルタルで穴を塞いでいきます。

上の写真が穴を塞いだ後になりますが、補修を行った部分は外壁の模様が失われてしまい、このまま塗装を行うと跡が目立ってしまいますので、肌合わせの吹付塗装作業を行っていきます。

↑↑吹付施工中の写真。吹付作業時はローラー施工時に比べて塗料が広い範囲に飛散するため、飛散しないようしっかりとビニール養生を行います。

吹き付けタイルという外壁の模様になりますが、吹き付けタイルっていうとタイルの様なイメージが浮かぶと思います。

しかし吹き付けタイルというのは機械を使って吹き付けた塗装の模様でボンタイル仕上げの事なのです。

↑↑吹付塗装完了!この上から通常通り中塗り、上塗りと塗装をかけていきます。

これで補修の後も消えて誰も大きな穴が開いていたとは思わないでしょう(^^♪

この記事を書いた人

前野 健
海外旅行が趣味な前野です!稲城市と府中市を拠点にご対応しております!塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)